会長あいさつ

 令和2年度第1回理事会(メール決議)において、所沢松が丘自治会会長としての推薦を受け、お引き受けいたしました齋藤喜美江と申します。

 歴史と伝統のある所沢松が丘自治会の会長として重責を感じ、ただただ緊張するばかりですが、会員の皆様のご協力を得ながらご指名に報いるよう努力して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 所沢市では、278(平成31年4月1日現在)の自治会、町内会があります。それぞれの地域の特性を生かしながら、主役である会員の方々が、ふれあいの輪を広げ、安全で安心して暮らすことができるまちづくりを目指して活動しております。

 今、日本はもちろん世界において、新型コロナウイルス感染症の対策が急がれております。所沢松が丘自治会においては感染防止対策として中央会館と西集会所の封鎖や、また回覧業務を中止しております。(これは所沢市が緊急の場合を除き行政回覧を一時中止しているからでもあります。)会員の皆様へのお知らせは掲示板とホームページに掲載いたしますのでご覧になってください。

 私は、新型コロナウイルス感染症をはじめ所沢松が丘自治会独自のいろいろな課題を乗り切るため、会員の皆様と共に歩んでいかなければならないと考えております。

 その課題に取り組むため、会員からの委任を受けた役員の皆様の力が必要となります。所沢松が丘自治会では、年度末になりますと役員になっていただける方をお願いするわけですが、受けていただける方が少ないなど苦慮しております。

 今年度の理事一同一丸となって諸問題の解決に臨んでまいりますので、理事会にどうぞご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 会員の皆様が、お元気で健やかにお過ごしいただけますよう祈念いたしまして、私の就任の挨拶とさせていただきます。

令和2年5月
所沢松が丘自治会
会長 齋藤喜美江